携帯電話の普及で、固定電話の回線数がひっています。

昔は、各家に回線が引かれ一台電話があるのが普通でしたが、携帯電話の普及で、家族一人ずつが電話を持ったからです。

携帯電話の普及で、固定電話の回線数がひっています。

携帯電話の普及で、固定電話の回線数がひっています。

昔は、相手の家に電話をするというのが当たり前でしたので、電話を掛けても誰がそこにでるかは相手が出るまで分かりませんでした。そのため、彼女の家に電話を掛けてもコールの間中誰がでるかが気がかりでなりませんでした。直接彼女が電話口にでるとほっとしたものでした。それが携帯電話の普及で、直接相手に電話をするとうのが当たり前の世の中になりました。これは非常に嬉しいことだと言えます。この便利さに押されて、固定電wの回線が徐々に減りました。公衆電話が少なくなったのも、携帯電話が普及したからだと言えるでしょう。携帯電話の普及で、今や一人が一台携帯電話を持つのが当たり前になってきました。携帯にでないと、何で携帯を持っているのにでないとしかられるほどです。会社からの電話も、こちらがお金を払っているにもかかわらず、でないと怒られてしまいます。果たしてこれで良いのか?と思うことが結構あります。

しかし、便利になったことだけは確かで、電話の世界も、携帯電話の登場で、ずいぶん様変わりをしました。一番良いのは待ち合わせの時です。これまでは、いちいち家に電話をして、確認をしないと連絡が取れないなんて事もありましたが、電話なら多少遅れてもすぐに居場所が分かります。今の子供は、生まれたときから携帯電話のある暮らしを行っていて、あるのが当たり前という感じです。携帯電話代を払うためにバイトなんかをする子も結構います。最近はより高度なスマートフォンが登場することで、ネットにいつも回線をつないでゲームなどをやる子供も増えています。僕が子供の頃には考えることも出来ませんでした。大阪万博で見た、携帯電話より遙かに進化した電話を実際に多くの人が利用しています。これだけ便利に使える携帯電話が普及するのは当然で、固定電話が減るのも仕方が無いと言えるでしょう。この先の子供たちは、電話をどのように使っていくのでしょうか?親としてはsこし不安になってしまいます。

Copyright (C)2015携帯電話の普及で、固定電話の回線数がひっています。.All rights reserved.